FC2ブログ
子供の愛し方
2006 / 02 / 01 ( Wed )
おかげさまで、兄ちゃんものんたんも、調子大丈夫そうです☆
元気に学校へ行き、食欲もモリモリ。
ご心配おかけしました!
(風邪じゃなかったのかな)

-----

うちの兄ちゃんが産まれた頃、ちょうど、「 バタフライナイフで教師を刺殺 」 という
事件があった年だった。
中学生が、自分を注意した先生を刺す。 その先生には1歳になる子供がいた。
教師の葬式の映像には、おばあちゃんにおんぶされている、その1歳の子が映し出されていた。
すごくショッキングな事件で、バタフライナイフが世間に広まったのも、この事件がきっかけだった。

分娩台で踏ん張り終えたワタシは、まず最初に聞いたのは
「 五体満足ですか? 」 と聞き、その後、
「 こんなに苦労して産んだのに、バタフライナイフを持ち歩くような子になったら
こんな悲しいことはない 」 と言った。

先生はワタシに、
「 愛情さえあれば、子供はまっすぐに育つ。 愛されている自身のある子は悪いことはしない。
子供をただひたすら愛してあげてね 」 と言った。

この言葉を胸に、ワタシの初めての子育てがスタートした。

だけど、この、愛してあげる、というのはなかなかのクセモノだった。
だって、愛してないわけがない。
どの親だって、自分の子供のことは、自分の命を捨ててでも守りたいほど愛してるはず。
なのになぜ、愛されてる子と、愛されてない子に別れるのか。

これから話すことは、ワタシが1人で勝手に考えて、勝手に思いこんで
これが一番いい方法だと思った方法なので、どの子にも通用するものなのか、
必ず成果が現れるものなのか、たくさんの子供達に実験してきたわけでもないので
分からない。

ブログに登場する兄ちゃん、悪い部分もたくさん書いていると思うけれど
読んでくれている方皆さんが、「 いい子ですね 」 って言ってくれる。
優しいですね、思いやりがありますね、素直ですね。
本当に今までたくさんの人からお褒めの言葉を頂いて、そして
そんなうちの兄ちゃんのファンだと言ってくれている人も大勢いる。
親として、これほど嬉しいことはない。 いつも皆さんありがとう!

リアルのお友達からも、昔から、「 ムスコくんは本当にいい子だよね 」
「 ムスコくんみたいな子供なら、育児のストレスって全然ないでしょう? 」
「 ムスコくんみたいな子供が産まれるなら、何人でも産むのに 」 と
これまた、たくさんの人達から誉められてきました。
ある人なんて、もう1人子供が欲しいけれど、また長男みたいな子だとイヤだから
悪いけど、マキさん、代わりに産んでくれる?と言った人までいました(笑)

そして、HPを開設して6年になりますが(このサイトはリニュ後でまだ1年目)
兄ちゃんの話はずっとしてきたわけで、そんなムスコを見て
育児に本当に悩んでいる方達からも、たくさんメールを頂いてきました。

「 どうすればムスコくんみたいになりますか? 」
「 子育ての秘訣はなんですか? 」
「 マキさんは怒ったりしないんですか? 」
「 こういう場合、どういう対応をしてきましたか? 」

みんな真剣に悩んでいる方ばかりです。

リアルの友達からも、やはり本当に本当に悩んでいる人は、
たぶん、誰でもいいから話を聞いて欲しい、助けて欲しい、そんな想いで
ワタシのような、ただの普通の母親に相談してくるのでしょう。
こちらもたくさんではないけれど、何人か相談を受けてきました。

心の病を抱えた子供、意味もなく暴力を振るう子供、親子関係がうまくいかない。
それぞれ、困ったなぁ、なんとかならないかしらぁ? などと暢気な話ではなく
みんな真剣な目をして、涙して、訴えてくるのです。

ワタシは残念ながら、育児のプロではありません。
普通の人間が、普通に結婚して、普通に子供産んで、普通に育ててきた、
ただそれだけの人間で、しかも子供はまだ幼い。
二十歳くらいになっているのなら、経験を生かして…なんて言えるけれど
今のワタシでは、相手に適切なアドバイスをしてあげられる器じゃありませんでした。

でも、ただ一つだけ。
ワタシがやってきた方法、それを提示していました。
試しにやってみて欲しい。 それでも改善しなければ他の方法をまた考えよう。
皆さん、素直にワタシの言うことに従って、実践してくれました。

その結果、早い子で1週間で変化が見られ、チック症だった子も1ヶ月ほどして治りました。
お友達にも親にも暴力を振るっていた乱暴な子も、軽くなりました。
言葉を話さない子は話すようになり、夜尿症の子供も全くではないけれど心配しなくなりました。

この方法のおかげかどうか分からないんですが(笑)

自分の愛情が不足しているんじゃないか、子供は愛されてると思ってないんじゃないか、
そんな方や、興味のある人はクリックして以下も読んでみてください。
more...
スポンサーサイト



14 : 54 | コドモ | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
| ホーム |