FC2ブログ
兄ちゃん誕生日
2007 / 02 / 27 ( Tue )
ハンドメイド、UPしました♪

-----------------------

なんだか誕生日の話題続きで恐縮です。笑

兄ちゃんの誕生日本番でございます。
朝、髪の毛寝癖で、目くそ鼻くそつけて、パジャマもぐちゃぐちゃの状態で
起きてきた兄ちゃんに、
家族揃って、「 お誕生日おめでとう! 」 と。
その姿のまま、「 ありがとう(*^。^*) 」 と言ってトイレに駆け込んでました。

今日は一日怒らないの。
KITに言ったら、
「 じゃあオレ、今日は遅く帰ってくることにする 」

なんでやねん。
家にいると怒っちゃうからだって。爆
たまには我慢せい。

誕生日プレゼントも間に合いました。
今朝まで作ってました。笑

これと、「 プレゼント買って買って券 」 の二つ。
のんたんからは何もなし。笑

うちは、誕生日のプレゼントを、父からと、母からの
2人から渡しています。
父からは本人が欲しいと思っている物を。
母からは母が渡したいと思っている物を。

はっきり言って、私からというのは、私の自己満足ですね。
子供にあげるものをアレコレ考えるのが好き。
子供に限らず、人にあげるものを考えるのって楽しい。

絵本作りは大変だったけど、絵を描くのも、何か作るのも好きな私には
楽しい日々だったとも言えます。
子供くらいしかもらってくれないしね。笑

私は、子供が出来ない身体でした。
兄ちゃんも、のんたんも、つらいつらい不妊治療の末にようやく宿った命。
本当につらかった。
こんな痛い思いをしてまで、こんなに金をかけてまで子供が欲しいのか、と
自問自答しながら何年も病院へ通っていました。
それでも答えは、「 欲しい 」。

兄ちゃんは普通分娩でしたが、のんたんは帝王切開。
その帝王切開の手術時に分かったことですが、
私はひどい子宮内膜症らしく、子供が授かったのが奇跡みたいなものだと
医者に言われました。
「 よく2人も授かりましたね! 」 と言われて
あぁ、本当にこの子達が私の元へ来たのは奇跡だったのだと
新たに感動していました。

今でこそ、のほほんと子育てしている私ですが(笑)、
不妊当時の精神状態は色々大変でした。
色々という簡単な言葉では片付けられないほど大変だったけど、
総まとめで色々ってことで。笑
妊娠出来た時は、この世は私の為に回っていると勘違いするほど幸せで
結婚した時より幸せで(笑)、今でもその時の気持ちは覚えています。

兄ちゃんが私をお母さんにしてくれたんだよね。
本当にありがとう。
奇跡でも何でもいい。現実になった幸せがここにある。
あんなに母親になりたがっていた私を、
お母さんにしてくれた兄ちゃんに心からの感謝を。

9歳の誕生日、おめでとう☆


スポンサーサイト



11 : 16 | コドモ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |