FC2ブログ
母と私
2007 / 04 / 05 ( Thu )
私の親子関係について。
母と私。

-----------------------

母はとても働き者で、赤ちゃん産んでまだ間もないと言うのに
すぐに働きに出てた人だった。
そのため、子供達は(私と兄)、当時同居していた祖父母が見てくれた。

私は幼稚園に行ってないので、小学校に上がるまで
朝起きてから、夜眠るまで、ずっとじーちゃんと一緒だった。
ばーちゃんは、小さい子が苦手であまり世話をする人ではなかったので
もっぱらじーちゃんが私の親代わりだった。

祖父母は農業を営んでいたので
日曜日にはお休みの母も、その農家のお手伝いに出ていた。
だから、一日のうち、私と母がいられるのは
母が仕事に出掛ける準備をしているほんの少しの間。
化粧しながら話していたのを覚えている。

私が寝てから帰ってくる。
じーちゃんと寝ている私を、こっそりと抱きかかえて
自分の布団に寝かせていたそうだ。
祖父母にまかせっきりの、せめてものお詫びのつもりだった。
私が母に抱かれるのもこの時だけ。
たまに起きてしまうと、だんだん重くなっていく私を
身体の小さい母がうんせうんせと運ぶのを肌で感じ、
寝たふりをしていたものだ。
抱きかかえられているのが心地良くて。

仕事に行ってしまうのがイヤでたまらなくて
泣いて困らせたことも何度もあった。

おかーちゃん、行かないで。
私と一緒にご飯食べて。
一緒にお風呂入って。
一緒に布団に入って。
親子遠足に来て。
参観日に来て。

その願いは叶うことはなかった。
母は私が中学を卒業するまで働き、
そして高校になってからは、事業を始めた父の仕事を手伝うようになり
また働きに出ていた。
母は、私が産まれてから、大人になるまで、ずっと家にいなかった。

中学生以上になると、母がいないことをなんとも思わなくなった。
私も精神的に大人になり、友達と遊ぶことに夢中で
家で食事を取ることも少なくなっていた。
(夜遊びばかりの不良娘でしたの)
遅くなっては親に叱られるとぼやいている友達を見ていて
うちには叱る親がいなくてラッキー、などと思っていた。
この頃は、口を開けばケンカで、親の存在が一番うっとおしいと思っていた
ピーク時だろう。

-----------------------

私が前に、母親に縁を切りたいというような事を言われた、と書いて
たくさんの方が励ましの言葉をかけてくださいました。
どうもありがとう。

私は、母と合わないと感じていたのは、中学生くらいからですが
母はもっと前、今ののんたんくらいの幼児期から思っていたそうです。
思い通りに育たない私のことを疎ましく思っていたと言っていました。

それは中学生くらいからエスカレートし
ほとんど口を利くこともなく、口を開けばケンカだったので
何度も家出をしました。
だけど悲しいかな、若すぎて行く当てがそう簡単にはない。
働いたら絶対出て行ってやる!とこの頃から心に決めていました。
そして本当に出て行ったのです。

一人暮らしを始めたことによって、
私達の親子関係は、うまくいくようになりました。
年に一度しか会わないので、
私も大人になったという理由もあるでしょうが
会った時には、仲良く話も出来たものです。
今思えば、あの頃が一番良かったのかも。

私はすっかり勘違いしてしまい、仲の良い親子関係を築けると
思いこんでいました。

人間、そんなに簡単には変わらないのです。
自分で自分を変えようと思わない限り、変わることはないのです。

同居に踏み切った理由を聞かれますが
兄が婿養子に入ってしまい、当然親を見る人間は私しかいないわけで
KITも快く承知してくれたのもあって、同居することになったのです。
うまくいく、と思ってました。
大きな間違いでした。
一緒に暮らし始めると、昔よりさらにパワーアップした母がいました。笑

私も鬼じゃないので、育ててきてもらった恩は感じているわけです。
彼女はずっと仕事人間でしたが、育児を放棄していたわけではありません。
それなりのことをやってきてくれたと思います。
それはとても感謝しているのです。
ですから、うまくやっていこうと心に決めて、
ジッと耐えてきて、余計なことは聞き流すようにしてきたけれど
母は、私が何をやっても要するに気に入らないのです。

相手を変えることは出来ないのだから、私が変わるしかない。
そう思って感情を80%抑えてやってきた結果が
今回の騒動です。

私が全開だったらどうなるのでしょう。笑


私は、共稼ぎの親はたくさんいるし、働くことには賛成する。
子供と離れる時間があるからこそ、イキイキと出来る人もいるし、
お金が入れば心も潤ってくる。
だから、子供がいたって働きたい人は働けばいいと思う。

でも、私と母の関係が、こんなにうまくいかないのは
幼少の頃のコミュニケーション不足じゃないかと思う。
学校行事も全て伯母が代わりで、私の話を聞いてもらうこともなく、
家族で旅行に行ったこともない、お祭りに行ったこともない、
海水浴に行ったこともない、遊園地に行ったこともない、
母と一緒に行った所といえば、母の実家しか無いのである。
家族でどこかへ行った思い出なんて、私には、ない。
そばにいたのは、いつもじーちゃんだった。

中学生の多感な頃に、いきなり話をしろと言われても
今まで何も話してこなかったのに、突然話が出来るわけがない。
結局理解されないまま、心はすれ違ってしまい
大切な時期を私達は、最悪な関係で過ごしていたのではないかと思う。

大人になってから、うまくいくわけがないんだよね、きっと。

仕事が忙しくて、なかなか子供と向き合えないお母さん。
コミュニケーションの方法はきっとあるはず。
本を読んであげるだけでもいいと思うのです。
一緒にご飯食べるだけでもいいと思うのです。

将来、私達みたいな親子にならないように
幼い頃の親子関係、頑張ってくださいね。

私も、自分の子供らと
大人になってからも、いい関係でいられたらなって思っています。
私と同じ思いを、2人には絶対させない。


ただ、毎日険悪なわけではありません。
話も30分程度に抑えておけば(笑)、カチンと来ることもありません。
普通に楽しく笑って会話をしていることの方が多いです。

うわべではなく、もっと奥底の深い部分の感情が
「 一緒にいてはいけない 」 と言っている気がします。

悲しいね。
本来、一番の自分の味方であるはずの人が
一番合わない人だなんてね。




スポンサーサイト



17 : 02 | 家族 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<新学期が始まって | ホーム | 春休み最後>>
コメント
*  *

はじめまして^^ 私のブログで こちらのブログを紹介させて頂きましたので ご連絡させて頂きました。

紹介記事は http://eko99.blog75.fc2.com/blog-entry-144.html です。
これからもよろしくお願いいたします^^
by: 農家の嫁 * 2007/04/05 * 18:15 * URL [ 編集] | page top↑
*  *

はじめまして。
コメントありがとうございます。

紹介してくれるのはありがたいのですが
記事の内容がふさわしくないと思うのですが…。
農家についての記事でしたら
この記事は、農家の話は1カ所にしか出てこなく
関連性がないと思いました。
ただ、農家や農業にヒットしたからと言って
皆さんが欲しがってる情報がここにあるとは思えません。
たぶん、よく読んでないと思うのですが…。
不適切だと判断されましたら、紹介記事から削除願います。
by: マキ>農家の嫁さんへ * 2007/04/06 * 08:31 * URL [ 編集] | page top↑
* 管理人のみ閲覧できます *

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2007/04/06 * 10:08 * [ 編集] | page top↑
* 距離 *

折檻されて育った私ですが・・・
まあ今ではなだめすかして母親と付き合ってますなあ・・・v-532
真剣に喧嘩する気にはなりませんわ。

本当はMakiさんとお母様は
私達親子より遥かに強く愛情を求め合っているような気がします・・・
by: ぢょーぢ * 2007/04/06 * 11:27 * URL [ 編集] | page top↑
*  *

鍵コメさんとこも色々あるのは知っていたわ。
なんだか、色々お話したいね。
私も今はいい子ちゃんなんだよね。
そうする事で平和が保たれるって
知っているから。
いい子ちゃんは疲れるわー。

息子(うちで言うと実兄)の方とは
うまくいってたりしない?
異性だと違うのかなーとも思う。

どうもありがとう。
また頑張れるよ!
by: マキ>鍵コメさんへ * 2007/04/06 * 17:44 * URL [ 編集] | page top↑
*  *

自分の親を、素晴らしい親だ!大好き!
と言える人も少ないと思うのですが、
私の場合は、前世で何か因縁があったのではないかと
思ってしまいます。笑

私、自分で言うことじゃないけれど
誰とでも合わせていけるタイプだと思うんですよ。
個性が強すぎるとか、クセがある人間とか
そういうんじゃないと思うんですよ。
どちらかと言うと、相手に合わせるのが得意な方だと
思うんですが…
その私でさえも付き合っていくのが大変なんですから
彼女は一筋縄ではいきませんわ。。。
異性だと、また違うと思います。
兄貴は要領よく、母親ともずっと仲良く(?)過ごしてきましたから。

愛情を求め合っている、そうかもしれませんね。
でも、それがうまくいかない。
今更抱っこしてもらうわけにいかないし(笑)>されたくもないが

腱鞘炎になるくらい(笑)、たくさん抱っこしてあげてくださいね♪
幼い時の母親との関係は、たぶん、大人になるまで
引きずっていくと思います。
うちはもう、取り返しがつきません。
せめて我が子達とは、いい関係を
築けたらなぁと思います。
by: マキ>ぢょーぢさんへ * 2007/04/06 * 17:53 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ochasuru.blog24.fc2.com/tb.php/489-78708413
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |